愛車点検 楽々ガイド

14

恋も道路も、凍結には注意ですから。

2月と言えば、バレンタインデーに代表されるように、一年で一番ドキドキする月です。車に乗ってドライブデート・・という人も、かなり多いのではないでしょうか。ただ、2月と言えば、冷え込みの本格シーズンでもあり、道路の状態がかなり厳しいのも事実。身も心も暖かな車内の外は、真冬であることをお忘れなく。

凍結防止剤で、まさかの事態がないように。

高冷地や寒冷地を走行すると、白い粒状の凍結防止剤が撒かれていることがあります。凍結防止剤はその名の通り道路の凍結を防ぐもので、道路が0度以下になっても道路が凍りつくことはありません。ただ、この凍結防止剤が車にとってちょっとしたリスクを伴うのも事実。主成分である塩化ナトリウムや塩化カリウムは、車のボディに付着するとサビが起こりやすく、そのまま放置しておくと、ボディやサスペンションが腐食してしまうなんてこともあるのです。凍結防止剤が撒かれた道路を走った後は、なるべく早く洗浄するように心がけましょう。

冬の洗車はツラいけど大切。

凍結防止剤の付いた車を洗う時は、水圧を高くして流し落とす感じで行いましょう。ホイールなどはオイルに付着して残りやすいので特に要注意。凍結防止剤が手などにかかると炎症の原因になることもあるので、洗車を行う際にはゴム手袋などで保護するのもお忘れなく。衣服の色落ちなども起こりますので、気になる人は健全防備でお願いします。