愛車点検 楽々ガイド

#05

行楽の秋は、オイルの秋でも
あるかも。

行楽の秋、食欲の秋、スポーツの秋などと一緒に、オイルの秋とおぼえるのはどうでしょうか。車やバイクにとってガソリンが食事なら、オイルは血液のようなもの。オイルが汚れたり、減ったりすると大きな問題につながるので、できるだけ小まめに確認するようにしてください。

エンジンが壊れたら、涙の秋になってしまうかも。

エンジン・オイルが足りなくなると、エンジンが潤滑不良を起こし大きな故障を招く恐れがあります。エンジン・オイルの確認方はとても簡単で、誰でもできるので、ぜひともおぼえてほしいところです。オイルはもちろん、オイル・フィルタの交換は、専門的な技術が必要ですので、自動車整備工場で対応してもらいましょう

◎エンジン・オイルの量が、ゲージの範囲内にあるかを確認

1.平らな場所で車やバイクのエンジンを停止。エンジンからオイル・レベル・ゲージを抜き取る。

2.オイル・レベル・ゲージに付いているオイルをふき取る。

3.オイル・レベル・ゲージをいっぱいまで差し込む。

4.もう一度抜き取り、オイルの量が規定の範囲内(HとLの間)にあるかを確認。

5.オイル・レベル・ゲージを元の状態に戻す