愛車点検 楽々ガイド

17

GWの汚れは、エア・クリーナに出る。

旅に、行楽に、デートに、お買い物、GWのようなまとまった休日こそ、車やバイクは休まずに働いています。街や自然やあちこちを走りまわった後は、実はエア・クリーナにその汚れが溜まっているかもしれません。比較的長く交換しなくてよいパートですが、いつでもベストコンディションで走るためにも、一度点検して見るのはいかがでしょう。

車だってキレイな空気を吸って走りたい。

エンジンに入る空気をろ過するのが、エア・クリーナ・エレメントの役割です。埃や砂、渋滞の中を走っていると、このエレメントの汚れがひどくなり、清掃や交換時期が早くなってしまいます。主には定期点検での交換となりますが、50,000kmの走行がひとつの目安。もう長い期間交換していないという方は、自分でも点検ができるので、一度確認するようにしてください。

最悪の場合、「エンジンがかからない」ということも。

エア・クリーナは、いわばマスクのような存在。長い間使っていると、汚れが詰まってしまい「アイドリングが不安定」「加速が遅くなる」「エンジンがかからない」といった不具合を起こすことがあります。なんだか車の調子が悪いと感じたら、それはエア・クリーナに問題があるかもしれません。車やバイクに長く安心して乗るためにも、違和感を感じたら自動車整備工場に相談してください。